明らかにこれから値上がりしそうな株を見つけても、一旦落ち着くことが非常に重要です。考え得るリスクを視野に入れてから購入しても遅くはないはずです。

株を証券会社から融資してもらう取引方法

グラフ

証券会社で取引ができる株は、基本的には現物取引という手段が用いられています。
これとはまた違い、信用取引という融資を利用した方法も存在します。

現物取引では、現在の株の数をそのままで売買するスタイルになります。
例えば、1000円の銘柄があれば、1000円で1つ購入できる状態です。
購入すれば、その銘柄を1つのみ保有することになります。

しかし、信用取引ではこのスタイルが変わってきます。
この方法は証券会社から株を融資してもらうことで、取引ができるというものです。

信用取引を利用する際には、まず証券会社に注文を出します。
この時に証券会社から資金や株式を融資してもらえます。
無条件で貸してくれる訳ではなく、定められた保証金を証券会社に支払わなければなりません。
これが担保になります。

保証金の額は、信用取引の約定価額に対して一定の割合に決まっています。
割合については利用する証券会社によって変わってきます。
また、保証金は現金に限られたものではなく、有価証券を用意する方法でも構いません。

この信用取引を利用することで、資金が少なくても大きく儲けることができるようになります。
仕組みとしてはレバレッジのあるFXとよく似ています。
また、信用取引では買いのタイミングから取引できるだけでなく、売りから始めることも可能です。
つまり、株価が高い状態からでも取引で儲けを出せる可能性が発生するということです。
現物取引では買いのタイミングからしか取引できませんので、儲けの手段が限定されます。

但し、信用取引には期限が存在します。
取引を始めてから6ヶ月が過ぎた時に、証券会社に返済をしなければなりません。
しかし、6ヶ月以上の期間が許されている商品も中には存在します。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿