明らかにこれから値上がりしそうな株を見つけても、一旦落ち着くことが非常に重要です。考え得るリスクを視野に入れてから購入しても遅くはないはずです。

株の仕組みについて

微笑んでいる女性

株の仕組みというのは、簡単に言うとそれぞれの会社が資金調達のために発行している株券を我々投資家が買って、その会社のオーナーになるということです。
まずはじめに、会社が株券を発行する主な目的は、新しい事業や設備投資、新しい人員の確保をするための資金調達のためです。
会社は投資家などから調達したお金を今より利益を上げるために使います。
それぞれの会社が発行する株券を我々投資家が買うことで、会社は資金調達をすることが可能になります。
この時、投資家は会社を運営するためのお金を貸していることになるので、実質的にその会社のオーナーの一人になり、買った株式の数に応じて会社からの利益の配当を受け取る、特別優待などのサービスを受けることができます。

次に、投資家は買った株を売ることできます。
基本的に会社の業績が順調に推移していけば価格は上昇していき、買った時より価格が上昇しているときに売ることができればその差が利益になります。
例えば、20,000円で買った株が30,000円に上昇したところで売れば10,000円の利益が得られたということになります。
逆に、会社の業績が悪化したり、会社で不祥事などが起きると価格は下落し、買った時より安くなることもあります。
多くの個人投資家は、この売買によってキャピタルゲインを得ることを目的に投資を行っています。

このように、株の仕組みはお金を会社に投資する投資家、集めたお金でさらに利益を上げようとする会社、双方の利害関係が一致して成り立っていることが分かったと思います。
投資する際は、会社の業績が悪化するなどした際は価格が下がることがあるというリスクを把握して、本当にこの会社に投資して良いのか見極める必要があります。

サイト内検索
人気記事一覧